山口の旅 -萩・お魚編-

 翌日、萩の町を少し散策しました。
a0134952_121223100.jpg
 
a0134952_12122783.jpg
 武家屋敷の景観が良く残る路地。
a0134952_12123229.jpg
 この白い壁の内部、瓦が芯になっているんですねー
a0134952_12123699.jpg
 木戸孝允旧宅や、
a0134952_12124196.jpg
 高杉晋作旧宅など、さすが長州藩の城下町、教科書に登場する歴史的な人物の家などが密集しています。 

 一通り萩の有名どころをおさえつつ、例によって()旅の目的の3分の1を占める魚すくいへ早々に出発。
a0134952_1213073.jpg
 田んぼの中をながれる川です。民家も近いです。
a0134952_12124679.jpg
 今回はこれに会いに来たといっても良い、オヤニラミを早速発見。動き方が知的、模様も縦じまと横じまをとりいれておりなかなか凝っています。えらぶたのところの目玉マークがチャームポイント。
a0134952_1212505.jpg
 オヤニラミ「なにしちょるー!(山口弁バージョン・あってるのか不安)」
 怒ると黒くなるんです。
a0134952_12125539.jpg
 今年生まれと思われるオヤニラミのこどもたち。オヤニラミは縄張り意識が強く、複数個体を狭いところに入れると攻撃したり黒くなったりするのですが、これだけちびっこだとまだまだまだのんきな感じです。1個体だけいた大きいオヤニラミは、一人でまっ黒になって怒っていましたが。

 オヤニラミに会うという目的を達成して、満足しつつ、昼食。
a0134952_12135756.jpg

 「瓦そば」という見た目がエンターテイメントな山口名物をいただきました。
 これねー、一見みただけでは味が想像できないんですが、美味しかったんですよー!
 焼いた瓦に茶そばと牛肉、錦糸卵、のり、レモンを絞って、甘めのたれにもみじおろしをまぜて、たれにつけながら食べました。甘いのとしょっぱいの、レモンの酸味がとってもイイバランスで、私の中では新しい味でした。さらに茶そばがカリカリになってるところが香ばしくて、最終的にはカリカリを全部かき集めてキレイに平らげましたよ。また食べたい!と思う味でした。
a0134952_1213641.jpg
 壇ノ浦サービスエリアに寄り道して、関門海峡の見おさめ。フグも獺祭も瓦そばも美味しかったよー!と心の中で叫びつつ山口を後にし(この時点ですでに18時!)、その日のうちになんとか鹿児島の自宅にたどり着くことができました。
[PR]
by uroulog | 2012-09-28 13:30 | 旅行