加治木町のくも合戦2

 コガネグモを木の棒の両端にのせて向かい合わせて対戦スタートです。
 一番わかりやすい勝敗のつき方は、一方が下に落下すること。ただし、床に触れても糸でぶら下がっている状態なら仕切り直し。糸を切って完全に落下させなければならないようです。
 他には、相手に糸をかけたり、噛み付いた方が勝ちになります。ちなみに両者で噛み合ってる場合は仕切り直しです。この糸をかける、噛むという行動は観戦席からはなかなかはっきりとは見えないのですが、そこは実況解説してもらえるので素人でも楽しめます。
a0134952_1048784.jpg
行司さんが見守ります。

a0134952_10494499.jpg
お互い糸をだして牽制しています。

a0134952_10502921.jpg
逃げ場がなくなると太い糸をだしてぶら下がります。

a0134952_10512016.jpg
a0134952_10512958.jpg
力ずくで相手を落としてしまいました。

大人から子供まで幅広い年齢層がこのくも合戦に参加して、盛り上がっていたのが印象的でした。一般的に嫌われもののクモが、この町では特別な存在になっているようで、不思議な感じでもありましたが、クモがけっこう好きな私はちょっと参加してみたくなりました。

そしてこれがすごい。くも合戦にちなんだお饅頭がありました。
a0134952_10524181.jpg
a0134952_10524925.jpg

コガネグモのしましま模様が表現されています。大事に冷蔵庫にしまっておいたら、しましま模様がはがれてしまったので、復元してあります。ほんとはもっときれいです。
[PR]