徳之島フルーツガーデン

 徳之島に到着後、宿に向かう途中に、徳之島フルーツガーデンに立ち寄りました。

a0134952_1145863.jpg
まずはこれ。「パンノキ」の果実です。焼いたり蒸したりして食べるそうで、その名のとおりパンのような味なんだそうです。
a0134952_11452394.jpg
そして「ジャックフルーツ」の果実。この果実は非常に大きくなることで知られています。
 どちらも果実はそっくりですが、葉の形が違うので区別できます。パンノキの方は切れ込みのある葉、ジャックフルーツは楕円形の葉ですが、この写真ではよくわかりませんね、、

a0134952_12361078.jpg
さて、これはなんでしょうか?果実は紙につつまれていますが、葉をみるとわかりますね。
a0134952_12362444.jpg
そう、パイナップルです。
 昔は徳之島にもパイナップル畑はけっこうあって、缶詰工場まであったそうですが、今はほとんど作っている人もいないそうです。完熟、すなわち熟してから収穫したパイナップルは芯まで食べられるそうで、舌にのこるびりびり感もないとのこと。

a0134952_12365127.jpg
こちらはパパイア。
 地元では、熟していない緑色のパパイアを野菜として利用している一方で、熟したパパイアはだれも食べないんですって。ということで、熟した黄色いパパイアを一ついただいてしまいました。

a0134952_1237923.jpg
これはドラゴンフルーツです。
 普通日本で流通しているのは、未完熟のものなので、あの味のないドラゴンフルーツは仮の姿。これも完熟すると、中がどろどろになってとっても甘いそうです。
a0134952_1237287.jpg
そしてこのドラゴンフルーツ、実はサボテンの果実だったんです。これにはびっくり。

a0134952_1237447.jpg
これはお馴染みのバナナの花。
 この黄色い花ひとつひとつがバナナの果実になります。
a0134952_1238551.jpg
こんな感じになってます。

a0134952_12382573.jpg
パッションフルーツです。
 鹿児島本土の道の駅なんかでもよくみかけます。
a0134952_12384054.jpg
 果実を割らずに、振ったり、手のひらにたたきつけたりして果肉が混ざるようにすると、中でジュースになるそうで、これをその場でいただきました。おいしい酸味があり、地元の人はこれに焼酎をいれるのだとか。宿の夕食でパッションフルーツが出たので、試しにやってみましたが、これはいい!家でもやりたくなりました。

 園内を回る間、係の方につきっきりで説明をしていただきました。いろいろな話が聞けて楽しかったです。
 パパイアをいただいたり、パッションフルーツをその場で食べさせてもらいましたが、他の果実も食べごろであれば、あげたり食べてもらったりしているんだそうです。熟す果実が多いのはやはり秋ごろらしいので、この頃に行けば、もっとたくさんの南国果実の味を楽しめそうですね。
by uroulog | 2009-07-15 13:00 | 旅行