カテゴリ:鹿児島ごと( 6 )

a0134952_22303461.jpg
 アジサイ、花盛り。
 4日に梅雨入りしました。平年より4日遅く、昨年より12日遅い、とのこと。
 
a0134952_22312467.jpg
 鹿児島市内で稼働中の除雪車ならぬ除灰車とでもいうのでしょうか。近頃桜島が非常に活発です。桜島から直線距離で40km弱ほどのウチにも灰が飛んでくるほどです。
[PR]
a0134952_18531172.jpg
 2月の末に屋久島へ行く機会がありました。高速船で指宿から1時間15分。うとうとしていたらあっという間に到着です。

a0134952_1904891.jpg
 屋久島のサル。小さくて黒っぽい。ずいぶんと人に慣れています。近づいても逃げません。

a0134952_18531149.jpg
 屋久島のシカ。こちらも小さくて黒っぽい。サルよりは人に慣れていないのか、ある程度近づくと逃げていきます。

a0134952_18531615.jpg
 剥製だけど、アカウミガメ。屋久島の海岸線は断崖絶壁がほとんどですが、わずかにある永田という地区の砂浜はウミガメが産卵にくる場所として有名です。屋久島ウミガメ館というNPO法人が運営する展示施設があって、いろいろと解説してもらいました。
a0134952_18531653.jpg
 タンカン。タンカンは皮が薄くて甘みの強いオレンジ、という感じの柑橘類です。ウチの近所でも売っていますが、屋久島のタンカンはブランドになっているようで、結構いいお値段で売られています。今年はヒヨドリにずいぶん食べられて品薄なんだそうですが、それでもこんな感じで道端で売られています。小ぶりで少し酸味が強いのですが一袋なんと100円でした。
a0134952_1853165.jpg
 屋久杉。車で見に行ける紀元杉という名前がついている屋久杉で、樹齢は3000年!屋久杉というのは、種類としては日本のいたるところにある杉と同じで、その中でも樹齢が1000年以上の杉を「屋久杉」というのだそうです。
a0134952_19333525.jpg
 縄文杉まで続く登山道にもなっているトロッコの線路。まだ使われているようです。ここから縄文杉までは往復9~10時間もかかるとのこと。けっこうハードな道のりなんですね。
 屋久島の急峻な地形と大木が作り出す風景は本当に独特で、どこにも似ていない屋久島だけのものだということを実感できました。今度は是非縄文杉を見に行ってみたい!
[PR]
a0134952_13342233.jpg
 今日は、南国・鹿児島でも雪が積もっています。どおりで冷えるわけです。朝おきて少し驚きました。今は降っていないので、徐々に雪はなくなりつつありますが。しかしお正月の大雪のときはもっと積もったんですよ。この3倍くらい。
[PR]
a0134952_1547417.jpg
 このところ桜島の火山活動が活発です。大きな噴火のときは、どーんという大きな音と、地震のような揺れを感じることもあります。晴れていると、もくもくとした黒い煙もはっきり見えます。写真は桜島の北側から撮影したものなので、向かって右が西で、鹿児島市がある薩摩半島、左が大隅半島になります。
 噴煙がこちら側にやってこないように祈りつつ、
a0134952_15521496.jpg
 三分後にはこんな感じで東の大隅半島の方に流れていきました。

 夕暮れ時の桜島の噴煙は、思わずカメラを向けたくなる風景ですが、実際灰が降るとホントに大変。灰と雨が一緒に降ることもあって、そうなるとアスファルトはじゃりじゃり、車はすぐにどろどろになります。
 鹿児島のニュース番組では桜島上空の風向き予報も天気予報のときに流れます。噴火した時に灰の流れる方向を予測するための情報なんです。今ではすっかり慣れてしまって違和感もなく見ていますが、他の地域ではまずない情報です。
[PR]
a0134952_21402126.jpg
 昨日今日と鹿児島の交通機関は、雪のために大混乱でした。
 昨日は昼間も降り続いて出勤できなかったので、今日に備え、車にスタッドレスタイヤをはかせました。鹿児島では使うこともないだろうな、と思っていたスタッドレスですが、活躍の機会がやってきたわけです。
a0134952_2141533.jpg
 通勤でいつも通る道は、峠に迫るにつれ、どんどん雪深くなっていきます。タイヤをはきかえてきて本当によかったと思いつつ、なんとか進んでいくと、急な坂道の手前で車が列になっていました。
 おそらく昨日の降雪で動けなくなって乗り捨てられたと思われる車が一台、右車線をふさいでおり、その後ろに大型トラック数台、左車線には私を含めた数台の乗用車が前に進めずに立ち往生という状況でした。これは待っても峠を抜けられないと思い、大幅に迂回して職場へ向かいました。鹿児島市内の大きな道路はほとんど雪は残っていませんでしたが、高速道路が通行止めだったので、そのぶん交通量も多く、結局通勤時間はいつもの4倍、、、しかし、スタッドレス様のお陰で雪にハマることもなかったので、雪景色を楽しみながらのちょっと長めのドライブという感じでもありました。
[PR]
a0134952_21275488.jpg
噴煙をあげる桜島
 鹿児島市内に出かけたら、ちょうど桜島の火山灰が降っていました。こちらに引っ越してくる前に、鹿児島に行くならばと教材用の桜島の火山灰をリクエストされていましたが、なかなか入手できずにいたので、これはチャンス。さっそく百円均一ではけを購入して、火山灰を採集してみました。

a0134952_21254543.jpg
車のワイパーに積もった火山灰
 道のわきなどには、火山灰らしいものがたくさん落ちているのですが、これを拾ってしまうと火山灰以外のゴミがたくさん混入してしまいます。なるべく余計なものが入っていない火山灰を集めるには、車やベンチに積もったものを集めるのがよさそうです。
 さすがに見ず知らずの人の車に積もった火山灰を集めて回るのはあやしいので、車は自分のだけで我慢です。まあ、ベンチで集めるのも十分あやしいのですけどね。
 
a0134952_21205088.jpg
 鹿児島大学の博物館にも立ち寄ったところ、なんと、私の前の職場で開催されている夏の特別展のうちわ型ちらしを発見!しばらく会っていない友人にばったり出会ったような気持ちになりました。
[PR]