a0134952_2493779.jpg
 GW恒例の潮干狩りin吹上浜、今年も行って参りました。
 鹿児島に来てから毎年やっていますが、振り返ると最初の年が一番とれています→(ああ、バカガイがこんなに!ハマグリまで!!)
 今でこそ少し分かるようになりましたが、この時は貝の種類が良く分かっておらず、獲れた貝の価値も当然知らず、食べ方も適当で、なんとももったいないことをしたと、毎年この時期になると後悔の念にかられます。
 なので今年はがんばって、少しアプローチしにくいところなのですが、この時と同じ場所に行く事にしました。

 しかし当日!天気はよいけれどとてつもない強風なうえ、とれるのは
a0134952_1141182.jpg
 カニ、
a0134952_1142729.jpg
 またカニ、、とカニばっかり。
 「やあ!」とばかりに片手をあげて機嫌が好さそうにみえるカニさんですが、相当怒っています。カニを持ってくれている人は、カニの怒りを買いハサミで挟まれてしまって、相当痛がっていました。甲羅もとがっていて危ないので、ちびっこは取り扱い注意のカニさんですよー。
a0134952_1182872.jpg
 このちょっとキケンなカニさん、「キンセンガニ」という干潟に住むカニです。吹上浜ではよく見かけます。食べられる貝よりもよく見かけます。素早く砂に潜る事や泳ぐのが上手なカニなので、見ている分には楽しいやつです。
a0134952_1205620.jpg
 最終的にはキンセンガニ大中小の3匹、ヤドカリ2匹と貝を二つ、見つけたところで、あまりの強風と砂嵐に心が折れて一時間もしないうちに終了。でも!二つとはいえ立派なのが獲れたのでまあ満足!
a0134952_124034.jpg
 左がバカガイ(またはアオヤギ)、右がコタマガイ(だと思う)
 コタマガイは、貝殻は見かけても生きているのをとったのも初めてだし、もちろん食べるのも初めてです。ちなみにコタマガイに近い種類といわれるオキアサリは、吹上浜でとれたものを食べたことがあります。
a0134952_1342593.jpg
 さて帰宅して砂抜きをしてると、コタマガイとバカガイのそれぞれの性格、ではなく性質なのか二種類とも全然違う動きをするので、ずいぶん見入ってしまいました。
 コタマガイは基本的に海水に慣れると水管(写真の先が黒い管のこと)を出していて、人が近づいたり容器を揺らしたりするとひっこめたり。バカガイは水管はそれほど動かさず、足(貝殻の広がった方から少し出ている部分)をいつも出していて、突然すばやくひらひら動かしてみたと思うと、動かなくなったり。二種類ともすごく反応がいいので、見ていて楽しいものでした。このまま飼ってみても面白いかも?と思いつつも、結局翌日にはお吸い物にしていただきました(身が硬くならないように火にかけすぎず、貝の味が分かるように薄味で!)。
 コタマガイは身に弾力があって、ダシも出ていて美味しかったです。これまで食べた中で何に似てるかと考えると、近縁なだけあってオキアサリに似ている気がしました。うん、オキアサリより美味しかったかもしれません。今度はもう少しまとまった数で食べてみたい!
a0134952_2473785.jpg
 虹も見た!一本だけ見えていたので写真を撮ったら、上にもう一つ丸い虹。得した気分。
 
[PR]
by uroulog | 2012-05-08 09:44 |
a0134952_21171932.jpg
 今年、種から育てたハバネロがこんなに大きくなりました。
 6株くらいあって、すべてすくすく育っているのは嬉しいんだけど、複雑な心境。
 ハバネロだからそんなにたくさん消費できないし~
a0134952_21172041.jpg
 花も咲きそう。さて、どのくらい収穫できるでしょうか~
a0134952_21171947.jpg
 あ、プランターの中にクロベンケイガニのこども。どうやって入ったんだろう。
a0134952_21172172.jpg
 こちらは少し大きいクロベンケイガニ。結構三次元の動きをするんですねえ。コケがたくさん生えてるから法面とか側溝のカベもぐいぐい登ってます。
[PR]
by uroulog | 2011-08-18 21:39 | 植物
a0134952_0143940.jpg
 連日の雨によって目につき始めたクロベンケイガニの子どもたちです。
 例年なら道路にわさわさカニが出てくる季節ですが、今年はそこまで見かけないし、特に大きい大人のカニが少なく、目につくのは小さなカニばかり。ウチのプランターの中に潜んでいたり、壁を登っていたりします。体が小さくて軽いからか、すごく動きがすばやくてクモみたいです。
[PR]
by uroulog | 2011-06-18 14:59 | 動物
a0134952_20342559.jpg
 ベンケイガニ Sesarmops intermedius

 最近めっきり洗濯物の乾きが悪くなり、めっきりカニも見かけなくなりました。完全に季節が変わったという感じです。
 良い被写体だった家の裏のベンケイガニやクロベンケイガニともしばらくお別れです。それにしてもカニたちはどこか他の場所へ移動していったのか、活動量が下がって近くに隠れているだけなのか、どっちなんだろう。
[PR]
by uroulog | 2010-10-06 21:00 | 動物
a0134952_202443.jpg
 いつまでたっても涼しくなりませんね。でも人間にはつらい高温多湿は、カニにとっては快適なのかもしれません。
 最近カベにのぼるカニが続出しています。結構身軽なんです。だいたいはクロベンケイガニの子どもです。
[PR]
by uroulog | 2010-08-28 21:03 | 動物
 万之瀬川の河口にハクセンシオマネキ Uca lactea を見に行きました。
 のんびりしたのがいたので、接近!
a0134952_23392728.jpg
 巣穴に入ろうとしてるところでちょっと斜めになってます。
 トリミングなしでピントもばっちり!かなり接近できました。
a0134952_2352653.jpg
 毛までくっきり!目のところまで毛が生えてるなんて、知りませんでした~
a0134952_2355717.jpg
 こちらもトリミングなし!
 左右のハサミの大きさの違いがよくわかります。足は赤っぽい個体が多いです。
a0134952_071174.jpg
 トビハゼも。2匹いるよ!
 去年よりだいぶいい写真が撮れました!
[PR]
by uroulog | 2010-05-31 00:16 | 動物
 あったかいをとおりこして暑くなってきた今日この頃。鹿児島の春は一瞬です。
 吹上浜では、冬場はあまりみなかったカニの巣穴があちこちでみられるようになりました。浜をあるいていると、枯れ草が風に吹かれるように足元を過ぎていくカニがいます。あまりにも足が速くて、その姿をじっくり観察したことはありませんでした。
a0134952_1018068.jpg
 先日、この謎のカニが巣穴から出てくるところに遭遇しました。写真をとっても逃げないので、もっと近づいて撮影を・・・
a0134952_10181333.jpg
 でてきたでてきた・・・もっと近づいて撮影を・・・
a0134952_10182649.jpg
 おお、ついにやりました!これなら種類がわかりそう。目がマッチ棒みたいでかわいいです。スナガニ科のカニの特徴ですね。これは、スナガニOcypode stimpsoniかな?
[PR]
by uroulog | 2010-05-18 10:46 | 動物
 この年末年始に、昨年、よくわからないまま撮っていた海の生き物の写真を見返してみました。すると、その時はわからなかったものがずいぶんと分かるようになっていました。

4月の大潮のとき、吹上浜に潮干狩りに行った時に撮影した写真です。
a0134952_20383690.jpg
マメコブシガニPhilyra pisum
 まんまるくて、眼がとても小さく、カニなのに前に歩きます。
a0134952_2039356.jpg
キンセンガニAshtoret lunaris
 模様がキレイですね。甲羅にも特徴があって左右にトゲがあります。脚の先がオールのように平らになっていて、泳ぐのが上手です。
a0134952_2042117.jpg
 こちら、潮干狩りの収穫です。当時はバカガイを採っているつもりだったのですが、今見るとこの中にハマグリが5つ混じっていたことに気づきました。
 さてどれがハマグリでしょう?
[PR]
by uroulog | 2010-01-04 21:21 | 動物
a0134952_22404077.jpg
 枕崎方面のとある砂浜で、ひさしぶりにビーチコーミングをしました。収穫はこちら。最近は小さいものばかり拾っているような気がします。
a0134952_224156100.jpg
 今回はちいさなカニを発見し、それをメインで拾っていました。なんかこんな「おつまみ」ありますよね?
a0134952_22452650.jpg
 お気に入りの貝たち。上はクルマガイの仲間、ピンク色の貝はイタヤガイの仲間、白い貝はよくわかりませんが、ハナガイみたいなヒダがあり、殻は薄めです。
 
 
 
[PR]
by uroulog | 2009-11-26 23:31 |
a0134952_1492380.jpg
ハクセンシオマネキ Uca lactea
 万之瀬川の河口で見ることができます。このハクセンシオマネキはオス。オスのハサミは左右の大きさが非対称で、一方が極端に大きくなり、この大きなハサミを上下させてメスにアピールします。このハサミを上下に動かす行動が白い扇子を振っているようにみえることから、「ハクセンシオマネキ(白扇潮招)」と名付けられました。
a0134952_15502936.jpg
 少しでも動くとすぐ巣穴に入ってしまいますが、しばらくじっとしていればまた出てきてくれます。
a0134952_15375746.jpg
 3匹のハクセンシオマネキ♂が睨み合っています。オス同士も意識しながらハサミを動かしているようにみえたので、メスへのアピールだけでなく、なわばりの防衛行動みたいな意味合いもあるのでしょうか。
a0134952_15381221.jpg
 メスです。ハサミが小さい!

参考文献

川の生きもの図鑑―鹿児島の水辺から

南方新社


[PR]
by uroulog | 2009-08-01 17:48 | 動物